夜明けぐらいの明るさがちょうどいい

都内在住、30代のゲイです。思ったりしたこと書いたりします。良かったらどうぞ。

平等と不平等

夜は

暗いのだ。

 

まぶたを閉じるとかそんなことする前に

 

暗いのだ。

 

優しい声が欲しい

優しい温もりが欲しい

僕は独りじゃない

そんな確かな温かさが欲しいのだ。

 

 

孤独なんて

もういらない。

こんな僕だって孤独なんて定義付けは欲しくない。

 

優しさと温かさ

 

ねぇ。

 

ねぇ。

 

こんな僕でも、

教えてよ。

 

その在り処を。

本音と建前と嘘とウソ

親に言えないことを

いくつ抱えていますか。

 

僕はいくつも抱えています。

嘘もたくさんついています。

 

お互いに笑い合うことはあるけれど

心の奥底の底の底は

見せていないのです。

 

良いことかどうかは今の僕にはわかりません。

そして、

10年後の僕であったって

わかることはないでしょう。

世界観、夜は暗いけど、それは当たり前のこと。

僕が僕であればいい。

そう強がっても

世界はそう認めてくれない時があって

 

僕が僕であればいい

と思っても

世界がそう認めてくれなければ

僕が僕として僕でないと認めてしまうのだ

 

僕は僕なのに

 

見えない言えない

そんな壁が張り巡らされている

そんな壁を壊してしまいたい

 

あぁ

 

そうだ、それは

ある意味で僕を壊してしまう恐れもあるけれど

また

ある意味で僕を生み直す

そういう意味合いでもあるのだ。

 

そう思いたい

そう思えなければ

そう思えないのだ

 

僕と僕がイコールで結ばれないのだ

 

それがこの世界で

 

悲しいことなのは

 

僕が僕である限り

 

わかりきっていることなのだ。

月曜日、雨、午前9時

雨の日はいつも、あの時のことを思い出す。

 

雨粒が傘に跳ね返る

その音が

胸の奥を叩くんだ。

 

それはまるで、ノックのようだ。

 

それでも、まだこのドアは開けられない。

 

もう少し

もう少し

 

待ってくれないか。

かも。

この時期に

こんなに雨が降るなんて

 

東京なのに。

 

 

けれど。

夜夜降っていた雨は

朝になったら止んでいて。

 

 

それが、わかっただけで。

 

 

なんとなく、

 

つま先は向かう方向に

 

向いて、

 

なんとなく、今日を

 

駆け抜けることができるかも。

 

なんて、思えて。

 

 

そんな

 

根拠ない、なんとなく。

 

 

それでも、

そんな

 

なんとなく

 

で、いいのかも。

 

 

 

泣きたいならば泣いて、泣けないなら目の前に

泣きたいときに泣きたいと思う

そんな夜

明けて

朝。変わらず泣きたいときに泣きたいと思う

そんな朝。


変わらない世界がこのまま広がっていくことに

たまに声を荒げて。

ぼくはぼくで

あたしはあたしで

代わり映えしない世界でも

認められなければ

代わり映えしない世界も

価値がないって。



そうだ。

泣きたいときに泣いてみよう。

目の前がぼやけてしまうかもしれないけど

それが今のキミの世界であって

もう少し時間がかかる

そんな世界なんだ、きっと。